トレーニング|リハビリデイサービスyawaragi「やわらぎ」は埼玉県東松山市高坂にある小規模短時間型デイサービスです。

リハビリデイサービス やわらぎ
リハビリデイサービス やわらぎ
たかさか中央接骨院

トレーニング

介護予防運動指導プログラムの導入
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター認定の高齢者筋向上等のトレーニングを行う介護予防運動指導員を配置し、CGTを中心とした機能訓練を行います。

CGT(包括的高齢者運動トレーニング)の特徴
(1)要支援・要介護者の身体機能の向上を目指します。
(2)筋力・柔軟性・バランス能力を包括的にトレーニングします。
(3)運動指導スタッフと接骨院スタッフが連携を図り、トレーニングをバックアップします。

マシン

個々にプログラムを組むので無理な負荷はかけません!!

トレーニングは本人に合った機種・重量を設定し、相談しながら無理なく継続できる形で行います。

既往歴、現病歴などでCGTトレーニングが出来ない方は低負荷(入浴よりも負荷、負担が少ない)トレーニングをおススメ致します。

マシンエクササイズが出来ない方には個別の運動トレーニングをご提案致します。

● 包括的高齢者運動トレーニング(CGT)の特徴

@高齢者の身体機能の向上を目指す!
通常行われている維持目的のトレーニングでは、虚弱高齢者の改善は見込まれません。適切な負荷をかけた運動トレーニングにより、身体機能の向上を目指します。

A筋力、持久力、柔軟性、バランス能力を包括的に
  トレーニング

年齢と共に運動機能は低下しますが、体力の要素のみ低下することはごくまれと言われています。諸要素の包括的トレーニングが全体的な体力の向上をもたらします。

B介護予防運動指導員と柔道整復師がトレーニングを
  バックアップ!

対象者が安心してトレーニングでき、かつ、運動プログラムの実績効率を上げるために、格専門分野のスタッフが協力してバックアップします。

Cトレーニングにて個々の目標を設定
・1回約60分の運動トレーニングを週1〜2回行う。
・3ヶ月間をコンディショニング期、筋力増強期、機能的トレーニング期に分割。
・各期の目標を個別に設定し、対象者の意欲を維持させる。

CGT

● CGTプログラムの流れ

@初回評価 [問診・体力測定]
■問診・リスク評価 ■身体機能評価■握力、歩行速度、片足立ち時間、膝伸展筋力など・・・

A個別プログラム作成
■初回評価結果に基づき個別のプログラムを作成します。

Bプログラム概要
■週1〜2回、1回60分程度の運動トレーニングを三期に分けて行います。

〜第一期:コンディショニング期〜
運動への意欲を高める!!低負荷・高反復トレーニング
筋、関節を徐々に慣らし、トレーニングの基礎的技能を習得する。
(各種目10〜20回を1セット)

〜第二期:筋力増強期〜
筋力の向上を図る。高負荷・低反復のトレーニング
筋力強化の原則に則り、高負荷低回数をセット法で進めていく。
(各種目10回を最大3セット)

〜第三期:機能的トレーニング期〜
生活面での効果を実感する第二期に加え、機能的なトレーニングを行う
第二期の筋力強化を持続しながら、生活動作の機能向上に向けてのトレーニングを行う。

C評価[3ヶ月・6ヶ月、以降3ヶ月毎]
■体力測定・利用者及び家族に対するフィードバック
■初回評価(動画・静止画)と比較し、身体機能の向上を実感してください。

CGT-P